笑顔を運ぶキャラクターたちとともに、繰り広げたい「笑顔がいいね」運動


by chara-souken

笑顔大使の作人さんが神戸新聞夕刊(9月19日)1面に!

姉への想いを歌で伝える作人さん

 着ぐるみたちが時を知らせる『キャラ時計』http://chara-tokei.com/が2013年11月にスタート。 そのキャラ時計の母体となる「キャラ総研」では、《キャラクターは笑顔を運ぶ宝物》を コンセプトに、2014年9月からキャラ時計公認の「チクたん」をメインキャラに採用し、ミュージシャン、タレント、スポーツ選手、作家など各界でご活躍の方々とコラボして「笑顔がいいね運動」を繰り広げています。

 シンガーソングライターの作人さんもその一人。

 その作人さんが、9月19日付の神戸新聞夕刊の1面に載りました。
b0346695_2191111.jpg


 記事の内容は下記です。
b0346695_2202031.jpg


 タイトルは「姉への思い 歌で伝えた」フォークシンガー作人(さくと)さん
 阪神大震災で姉を失った作人さん。震災から15年経ってようやく姉のことを歌えるようになったという作人さん。
 そんな作人さんだからこそ「笑顔」の大切さも痛感していて、今回の「笑顔がいいね運動」に参加していただけました。
b0346695_221713.jpg


 ぜひとも皆様も、笑顔でこの「笑顔がいいね運動」http://chara-tokei.com/chara-souken/にご参加くださいね!
 キャラ時計ロゴ
[PR]
by chara-souken | 2014-09-19 23:16 | 「笑顔がいいね」運動